~ We Love Sakai ~ 


きんもくせいNo.19をアップしました。

2018年08月18日 12:38

おすすめの1冊として伊藤詩織さんの「Black Box」を紹介させていただきました。

 

 

あらゆるところに〝ブラックボックス〟があった。―レイプ被害にあったジャーナリストが、自ら被害者を取り巻く現状に迫る、圧倒的ノンフィクション。・文藝春秋 ・伊藤詩織・著・1,400+税

この本を読んで、あなたにも想像してほしい。いつ、どこで、私に起こったことが、あなたに、あるいはあなたの大切な人に降りかかってくるか、だれにも予測はできないのだ。」(「はじめに」より)

胸が苦しくてたびたび本を閉じた。詩織さんが手記を書いた理由、BlackBoxの意味、被害者としての苦痛、苦悩、ジャーナリストとしての強い思い。日本社会の性被害者に対する冷酷が悲しい。

 

 

おまけ

まだまだ暑い日が続きそう。みなさん熱中症と夏バテにはきをつけましょうね。

 

—————

戻る