~ We Love Sakai ~ 


境内日記

 

1
この町で一番高い建物は中学校の屋上で、そこからは町が一望できる。
古びた二階建ての役場や公民館、小さな商店街。
その回りが賑やかなだけで、あとは畑ばかりが広がっている。
畑の中に小さな森。
目をこらすとお寺のような建物も見える。

聡子の住む家は、そのお寺の前で森商店と言う小さな雑貨店を営んでいた。  
最近は遠くの大型店まで車で買い物に行くのがあたりまえになって、客と言えば姑の輝子との茶のみ話を楽しむ年寄りばかりだ。
それでも、夫の幸雄はサラリーマンで月々決まった収入はあるし、お寺の前と言うこともあってお盆やお彼岸にはそれなりに賑わうし、第一商売を止めてしまったら輝子が悲しむ。
埃がうっすらついた洗剤やお醤油の瓶を拭きながら、小さなため息が出てしまう聡子だった。

子ども達が慌しく学校へと行ってしまうと、箒とちり取りを持ってお寺の境内の掃除に出かけるのも聡子の日課である。
「お寺さんにはお世話になっているから」と姑の輝子が始めた掃除だが、膝を痛めてからは聡子の仕事になっていた。
お寺の境内の落葉樹はすっかり葉も落ち尽くしたのに、どこから舞ってくるのか、いつまでたっても落ち葉が絶えない。

ざっと境内を掃いて墓地の前まで来て、聡子はふと立ち止まった。
ひとつのお墓の前に女性がうずくまってお参りをしている。
細い肩が震えて、嗚咽が聞こえる。
その思いつめたような雰囲気に「どうしよう。引き返そうかしら」そう思いながら、足が動かない。
「あのー」余計なことだと思いながら、つい声をかけてしまった。
小さい町だから、ほとんどの人の顔はわかっているはず。
でも、驚いたように振り向く女性の顔には見覚えがなかった。
「あの、わたし、森商店の者なのですけど」
(どうしたのですか?)と聞くわけにもいかず、聡子はつい自己紹介をしてしまう。
「ああ、森さんの・・・」
どうやら女性は森商店を知っているみたい。
「ここ、父のお墓なんです」
女性はお墓を見つめた。
聡子もなんとなくお墓を見た。
そういえば、お盆やお彼岸でどこのお墓も花やお供え物で賑やかになるときも、このお墓は誰もお参りしてなかった。
「20年ぶりなんです」女性は低い声で話し始めた。
「昔は、この境内に父と一緒に犬を連れて散歩にきたんですよ。夕方の薄暗いときの父と犬のシルエットが今も目に浮かびます」
「あら。わたしって何を話しているのだろう」女性は少し笑うと、聡子にお辞儀をした。
「いいえ、わたしこそ、お邪魔して」聡子も笑いながらお辞儀をかえした。
わたしこそ何をしているのだろう。こんなときに声をかけたりして・・・
箒と塵取りを持ち直すと、聡子は足早に家へと帰った。
なんだか、見てはいけないものを見てしまった気分だった。


top / home

 




さくら
 

 1