~ We Love Sakai ~ 


境の名所

2017年12月11日 21:29

境町の名所・史跡 ⑦関宿藩武術家  淺山傳次について

   井草香取神社境内に、江戸時代関宿藩の武術家「浅山傳次」の墓石が建てられている。墓石には「月光院殿即応大居士 覚霊」、「月刕縣住平氏山口五兵衛有光 号浅山一傳」そして年号は正徳5年(17

—————

2017年12月11日 21:23

境の名所・史跡 ⑥猿島茶と野村佐平治 

境町の茶作りは、江戸時代の初めに行われていたことが「茶検地」という記録からわかります。  この記録は、徳川家康が江戸入りしてから約50余年後の1658年の若林村の茶検地(中村正己文書)です。茶検地は

—————

2017年06月10日 10:46

境の名所・史跡 ⑤ 「穴辺(あのべ)恋し、穴(あの)辺(べ)恋し」と響く、流転の古鐘

沓掛県道を沓掛方向へ向かったところ、伏木穴辺地、通称「あかっ坂」を上がる手前左側に竹林が生茂っている。この一帯が、今から562年以前、室町時代の頃、大照院の末寺であった「星(しょう)智寺(ちじ)」が創

—————

2017年03月01日 01:11

境町の名所・史跡   香 取 院(こうしゅいん)

境町塚崎2887-4   塚崎にある香取院(こうしゅいん)を訪ねた。平成26年に新築された本堂はまだ檜の香が残る。 これと宮戸川を挟んで香取(かとり)神社がある。明治の分離令によって分祀さ

—————

2016年12月15日 01:48

境の史跡めぐり

さかい女性ネットでは「境の史跡めぐり」を企画しました。 約半日のミニツァーでしたが、貴重な史跡、工芸品を拝見させていただくことができました。   吉祥院(新吉町)

—————

2016年12月04日 02:18

香取神社の天神様

 塚崎の香取神社境内に「菅原道真公」を祭神とする天満宮があります。明治35年に菅原神社一千年祭の折に建立しました。 お社の中には、雷電・天神・稲荷・神明・八幡の各社が合祀されています。  菅原道真公

—————

2016年08月20日 13:09

境の郷土史④ 与謝蕪村と親交を結んだ俳人 箱島阿誰

江戸時代の中期、境町には与謝蕪村と親交のあった箱島阿誰という俳人がいた。阿誰は、正徳元年(1711)に関宿(せきやど)向下(むこしも)河岸(かし)(現・幸手市)において内堀家の三男として生まれる。本名

—————

2016年05月19日 13:25

長井戸城跡  ~ 境の郷土史③ ~

長井戸城跡は、現在の長井戸香取神社を中心とした位置にあった。この居館は中世(鎌倉・室町・戦国期)の方形城館として貴重な遺跡である。 城の起こりは、1983年度より2ヵ年度にかけて行われた第一次・第二次

—————

2016年02月21日 23:23

農兵隊教頭麻生万五郎の碑 (西泉田) ~境の郷土史②~

 武徳碑  西泉田麻生秀典氏家通り門の前に関宿藩農兵隊教頭麻生万五郎の武徳碑が建てられている。碑は大正3年(1914)に門生によって建てられたものである。  万五郎は、現当主からみれば曾祖父

—————

2015年11月15日 01:20

関宿藩主久世廣之の書跡  西光寺  ~ 境町の郷土史① ~

西泉田の西光寺には、寺宝として関宿藩主久世廣之の書跡が所蔵されています。この書跡の由来は、江戸時代寛永12年(1672年)の仲秋に関宿藩主久世廣之(1609~1779)63歳の時にこの寺へ詣で、当時、

—————

—————